デジタルサイネージで社内コミュニケーションを活性化させる方法

digitalsignage-office

社内コミュニケーションは成功する企業の必須条件です。もちろん業界問わず。

経営陣は効率的に、従業員全てに対して最新の情報を伝えなければいけませんよね。多くの企業はデジタルサイネージに投資をし、効率的に従業員とのコミュニケーションを試みています。

ロビーやエレベーター内でなどに見かけるデジタルサイネージをみたことはありますか?welcomeメッセージや企業の紹介動画、ニュースや最新情報の配信をしています。このようなディスプレイはお客様に対して良質なPR、情報を届けると共に従業員のエンゲージメント向上にも繋がります。

コミュニケーション活性化

デジタルサイネージを使用している企業は効率的に従業員とのコミュニケーションを深めようと思っています。そのような企業は施設内の回覧板やロビーやオフィス内に置いてある紙のポスターなど、多くの古い情報配信アイテムをデジタルサイネージへと切り替えを始めています。

例えば、全ての従業員に届けるのは難しいですよね。チャットやメールは連絡を頻繁に行う人であるほど見逃してしまったり、気がつかないことだってあります。デジタルサイネージを利用すれば全ての従業員にメッセージを伝えることが可能です。

ビジネスの規模が大きくなり、支社や事務所などが複数ある場合は全カ所に同じように情報を伝えるのが困難な場合もあります。このような場合でもデジタルサイネージを利用して全箇所に同じタイミングで同じ情報を配信することが可能です。

企業でデジタルサイネージを導入するメリットは以下のようなものがあります。

  • 全従業員に対して重要な情報を常に最新状態に保つ事が出来る
  • 紙、読ま(め)なかった無駄なメール、印刷物の削減
  • 食堂、廊下、エレベーター、受付など人が集まりやすい場所の有効活用
  • コミュニケーション手段の多様化
  • 来客時など特定の人やイベントに向けたメッセージ配信
  • 安全上の注意を表示することで怪我や事故のリスクを低減
  • 誕生日や目標達成を発表することで従業員との関係性を構築
  • 動画を流してお客様への顧客体験向上
  • 会社の部活や社員旅行などの活動ハイライトを社内に共有
  • 来客者に対して会社の面白情報や役立つ貞応を配信

従業員のモチベーション向上

企業でデジタルサイネージを導入するということはコミュニケーションのやり方、そして従業員との関係性構築を改革するという事です。最大級のインパクトでメッセージを伝えることが出来ます。デジタルサイネージを利用すれば、社内の共有が必要な情報を常に表示させ、従業員に伝えることで知識や認識を最新状態の保ち、安心して仕事に集中できる環境を提供できます。

さらに、従業員の誕生日や目標達成などめでたいことがある日にはそういった情報もデジタルサイネージで配信することで絆が深まります。

強固な企業文化の創世

多くの企業がサイネージ導入を利用し、良い方向に進み始めています。このような企業は従業員との関係性構築や絆のようなものが売り上げに繋がり、会社の成長に繋がると言うことをわかっています。

デジタルサイネージは目標共有など多くのメッセージを伝えるために利用されます。従業員のパフォーマンスをみて、その進捗を確認することも出来ます。それぞれの部署での状況が手にとるようにわかるようになり、部署間での連携も向上し、マーケティングなどにも活かせるようになるはずです。

さらに社内イベントの予定を表示したり、緊急時には緊急情報配信を行うことも可能です。

従業員へのリーチ

全ての従業員がパソコンの前に座っているわけではありません。デジタルサイネージはミーティングに向かう途中の人や工場内などPCから離れた人への情報配信に最適です。例えば運転手、工場内作業員、営業の方などは緊急性の高いメッセージや重要なメッセージを見逃してしまう可能性が非常に高いのです。デジタルサイネージを施設内の至る所に設置し、いつでもどこでも最新情報に出会える環境を作ることは必須です。

品質の高さと金額

NoviSignのクラウド配信型デジタルサイネージソフトを用いた企業内コミュニケーションは従業員の満足度を向上させるのにぴったりなツールです。わかりやすく、でもクリエイティブに配信可能です。さらに金額も適正価格でお求めやすい価格となっています。

従業員数の少ない中小企業でも、複数支社ある大きな会社でも、NoviSignならあなたの組織に変革をもたらします。
従業員は皆前向きで、不安もなく、仕事に集中できる環境を手に入れられます。

お問い合わせはこちらから!