事例紹介:Orlando’s Marketがどのようにデジタルサイネージを利用して売上を向上させたか

カリフォルニア州の中心地に位置するOrlando’sは24時間営業のレストラン、アイスクリーム屋、スーパー、ガソリンスタンド、洗車が出来る複合施設です。

200種類以上のクラフトビールが飲めたり、肉厚なリブアイステーキサンドイッチが食べたりと、Orlando’sでは一つ屋根の下で5つのビジネスを行っています。

NoviSign Japan 公式SNS

 Twitter
 Instagram
 Facebook
 YouTube

Digital-menu

挑戦

日々のセール、売られている製品の情報など多くの情報が流れるOrlando’sでは確実な情報をお客様の元へ瞬時に届ける必要がありました。例えば、運営するレストランのSammy’s Bar & Brillやアイスクリーム屋のDryers Ice CreamではPOSシステムの会社が提供するデジタルメニューボードサービスを利用していました。こちらのデジタルメニューボードではスライドショーで1スライドあたりの時間が短すぎて、お客様の満足度をかえって下げている可能性さえありました。Orlando’sは細かな調整、カスタマイズが可能なデジタルサイネージシステムを探すことにします。

解決法

3社の製品でデモを行った後、選ばれたのはNoviSignでした。満足できる反応速度、適正価格、簡単操作の3つの要素がOrlando’sにとってNoviSignを選ぶ理由になりました。NoviSignを選んですぐに、NoviSignと協力をしながら理想的なデジタルメニューボードの開発に取りかかりました。PC一台あれば簡単に全てのメニュー、説明、金額、食品の写真は全て簡単に編集・変更ができるというのも大事な条件です。

結果

最終的にOrlando’sは合計7つのデジタルメニューボードシステムを導入しました。レストランに5つと、2つをアイスクリーム屋に。ディスプレイにNoviSignを使って、コンテンツ配信を始めてすぐに以下の効果を得られました。

  • 前菜メニューの売り上げが9%向上、アイスクリームサンデーの売り上げが9%向上
  • レストランの待ち時間が減少
  • 店舗マネージャーによって製品や金額をいつでも更新できる
  • 新メニューやセットを簡単に宣伝することが可能
  • モーニングやディナーが時間に合わせて自動配信される事による時短

デジタルメニューボードを導入して数週間後、Orlando’sは新たに二つのディスプレイを店内に導入しました。来場してくださったお客様に注目商品を紹介したり、ようこそメッセージを流したりと、より直接的にお客様にメッセージを届けられるようになりました。

お客様の声

私たちはNoviSignのデジタルメニューボードを選びましたが、NoviSignはそれだけではありません。NoviSignはお客様と繋がる方法です。広告を載せたり、天気や動画、インスタグラムにフィードなど多くの方法でお客様とのエンゲージメントを高められます。現在は予約配信機能を用いて、ランチタイムやディナー、モーニングのメニューを表示します。朝のラッシュ時には美味しいホットコーヒーを設定し、夕方のラッシュ時には「牛乳や卵買うの忘れてない?」と時間に合わせて配信を行っています。私たちはこれからもNoviSignを使い続けますし、周りにもその魅力を伝えていきます。

– Jerry Sinner, Orlando’s

Design your Imagination

NoviSign Digital Signage

お問い合わせはこちらから!