事例紹介:ロシアの税務署「FEDERAL TAX SERVICE RUSSIA」

ムルマンスクにあるロシアの税務署の管理部は内部コミュニケーションの活性化のためにデジタルサイネージを導入しました。

NoviSign Japan 公式SNS

 Twitter
 Instagram
 Facebook
 YouTube

building



ロシア、ムルマンスクにある税務署の支署は州に法人登録をする権限を保有し、必要な税金の支払いや倒産時の手続きなどを行います。色々と変化の多い情報や更新を従業員にリアルタイムに共有することは必須です。そのためにデジタルサイネージが必要だとわかり下調べをした結果、選ばれたのはNoviSignのクラウド型デジタルサイネージソフトでした。

問題点

ロシアにあるこちらの税務署では従業員の業務効率化のためのニュース、従業員の誕生日、更新などの情報共有するシステムを探していました。簡単に操作ができて、柔軟に設定などを変えられるシステムである必要があり、コンテンツの管理が容易でオンライン上(リモート)で一括管理、編集ができることが条件でした。

解決法

多くの社員が集まる人口密集度の高いエリアで戦略的にはキャスター付きのポータブルスタンドに乗っている43インチスクリーンを設置するのにNoviSignは適していました。
コンテンツやテンプレート自体も複数あり、メディアやメッセージの内容などを多くの情報を表示させていました。
使用した人気ウィジェット
・自動配信ニュース
・複数の要素が盛り込まれたスライドショー
・Twitter, Instagram, Facebook, YouTube
・高画質(HD)の動画

お客様の声

「NoviSignは最高です!一番の利点は完全な遠隔操作、つまりその場にいなくても編集などが可能と言うこと。NoviSignはインタラクティブ、そしてシンプルにどんなコンテンツでも表示することが出来ます。必要な設備も最低限でよく、費用面でも負担はかなり少ないです。

私たちはNoviSignを使って、スクリーン上に私たちの組織に関するニュースや従業員の誕生日に関する情報を流すのの使用しています。」

「NoviSignの開発者や代理店の方、関係者の方々、ありがとうございました!」
– ムルマンスクの税務署のITスペシャリスト

Design your Imagination

NoviSign Digital Signage

お問い合わせはこちらから!